×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



―――Anniversary―――


 仕事から帰って家のドアを開けた途端、パン!と何かが弾ける音がした。
 次に、細い糸のような色とりどりの紙が舞う。
 それがクラッカーだと気付くのに数秒かかった。
「お帰り、悟能」
 悪戯好きな子供のような笑顔。
「びっくりした?」
「…まあね」
 出迎えの代わりがクラッカーでは、大概の人は驚くと思う。
 無邪気な花喃の笑顔に、僕は苦笑いを返した。
「今日は何の日か知ってる?」
「え…?」
 今日。
 誕生日ではないし、特に何かの記念日を決めたりする習慣もなかった。
 …何の日、だったっけ。
「悟能と私が出会ってちょうど一年なのよ」
「…あ」
 ああ、そうだったのか。
「よく覚えてるね」
「忘れないわ」
 きっぱりとした口調。
「ごめん、覚えてなくて。何も用意してなかった」
「いいの。悟能が忘れても、私が覚えてるからいいのよ」
 それより、と花喃はテーブルを指差し、
「悟能に教えてもらったケーキを焼いたの。うまく焼けたから味見してね」
 ふわふわと漂う甘い匂い。
「花喃」
「なあに?」
「ありがとう」
 大きな幸せに包まれて、僕は花喃を抱きしめた。
 君がいてくれてよかった。
「大好きよ、悟能」
「うん」
 今日は二人だけの記念日。





+ moondrop + の愁花さんから頂いてしまった悟能×花喃小説!
最遊記の中で一番好きなカップリングです!癒される・・・!
欲しいと駄々をこねた折、早速送って下さった優しい愁花さん
そのお心と小説で満たされました!本当に有難うございました!